sports...13










2010年以降、海外サッカーの舞台で活躍する日本人選手の数が激増している。
日本サッカーが世界で高評価なことは間違いではない。


しかし、海外で活躍する選手の苦悩が報道されないのが現実だ。






香川選手の活躍と移籍の可能性



プレミアリーグのマンチェスターU所属の香川真司選手は現在、固定レギュラーではなく、
ベンチ入りすら難しい状況になっている。


その背景には、監督の起用方法で香川選手のプレイスタイルが受け入れられていないのが、
原因だと考えられる。


実際チームの調子は決して良いものではなく、不協和音が鳴り響いてるのは間違いないだろう。


その中で、結果を重視されるべき立場の香川選手だが、
試合にでれない状態では、アピールする以前の問題があるだろう。


さらにはこんな噂がある。


香川選手が以前所属していた、
ドルトムントに再移籍の可能性があるというものだ。


ドルトムントのクロップ監督は香川選手を溺愛していて、
モイーズ監督の香川選手を左サイドハーフで起用していることに対して、
苦言を呈しているらしく、一度移籍の打診を行ったようだ。


そして冬の移籍市場で、本格的に動き出す可能性も確認されている。
今後、どこのクラブチームでプレイするのか、動向が気になる所だ。


ワールドカップブックメーカーのサイトではあるが、
香川選手移籍の予想オッズが発表されていた!
本命は残留だが、移籍となれば、アトレチコ、ドルトムントが有力ということだ。






本田選手の常に高見を目指す姿勢の背景



今年子供の頃の夢を叶えた選手がいた。


誰もが憧れるセリエAのACミラン、
新規加入にして10番をもらった本田圭佑選手だ。


サクセスストーリーは、名古屋グランパスから始まった。


入団当初からレギュラーに抜擢されたが、
どちらかというと監督からの評価はあまりよくはなかったようだ。


自分の希望するポジションではなく、
他のポジションでの起用が多かったように思う。


その後、オランダリーグのVVVフェンロに移籍後、
1部昇格の功労者になった。


ここで本田選手は2部リーグ年間最優秀選手賞をもらい、
満を持してステップアップを行ったのだ。


当時、移籍先の条件としては、
CLにでれるチームが良かったと取材で明らかにしていた。


タイミング良く、ロシアリーグの強豪のCSKAモスクワから、
オファーの打診があり移籍をすることになった。


世界が注目するCLでの活躍により、
今回の移籍が現実化したのではないだろうか。


本田選手のビックマウスは、自分の気持ちを切らさず高める為の行為であり、
それを実現する為に、動く姿勢は見習いたい所だ。






海外サッカーで多くの日本人選手が活躍しているが、
自分の居場所を作る為、ストイックになっている。


そんな選手たちを日本人が一丸となって応援すれば彼等もさらに頑張り、
飛躍できるのではないだろうか。


さらには日本サッカー界の底上げになってくれれば良いと思う。











sports...14










近年、海外移籍の若年化が良くも悪くも多くなっている。


18歳にしてJリーグを経由せずに、
海外クラブと直接契約を行うといったものだ。


ここで海外クラブおよび、Jリーグに関する影響を考えてみた。






若年選手への思惑



海外クラブチームからの問い合わせの中には、
23歳以下の選手がピックアップされている。


いわゆる若年層の部類に入る、
無名な選手までもがスカウトの目に映っているのだ。


これはユース大会や、U-18の大会での活躍が原因だと考えられる。


現ウィガン所属の宮市亮選手は高校卒業後、
すぐに欧州へ向かった。


その後、あとを追いかけるように数名が直接、
海外クラブとの契約を行ったのだ。


海外クラブは将来活躍するかもしれない選手を、
安い値段で契約できるので、笑いが止まらないことだろう。


だが、このままJリーグを経由せずに、海外へ有望な選手が流れていけば、
悲惨なことになる事は間違いなしだ。






Jリーグの現在から未来へ



2009年から日本の移籍ルールが廃止されたことにより、
海外からのオファーが増え、移籍金がJリーグクラブに残る。


資金繰りに苦しむJリーグにとっては喜ぶべき事だが、
問題は他にもあるのが現実だ。


まずは、若年選手が海外への移籍に伴い、
Jリーグに有望な選手が残らない問題だ。


つまりは日本サッカー界のレベルアップに繋がるのは間違いないが、
Jリーグのレベルはどうなるのか。


これではJリーグに見る将来への期待も、薄れていってしまう。






そして、もっと根本的なところにも問題があるようにも思う。


高校卒業後に海外へ渡るということは、
高校の監督の後押しもある可能性がある。


選手本人の進路先を決める際に、
交渉のプロを間にいれずに話しをまとめているのが現状だ。


そして海外のクラブチームは交渉し放題になり、
若年選手が活躍できずに才能が埋もれるという図式が完成する。


Jリーグの価値や存在意義が、根本から否定されかねない未来がまっているだろう。











sports...14










近年、海外サッカークラブへ移籍する選手が多くなっている。



では、海外から見た日本人選手への評価とは、
どれ程のものなのだろうか。






海外サポーターや、海外メディアから見た日本人選手への評価



海外サポーターは日本人選手の加入について、
大変友好的で高評価を与えている。


海外メディアからの評価も順調といっても過言ではないだろう。


ただ、中には思うような結果が出せず、
サポーターとメディアからの批判に苦しめられる選手も少なくない。


入団当初の過大評価が原因となり、
実績と評価のバランスを保てていないが故に起こるのだろう。


また、海外ではとても専門的で愛情のある評価が多いのも特徴の一つだ。
最近ブンデスリーガで日本人選手の評価が高くなっている。


例えば、現地サポーターからは、
「日本人は相当な実力があると認めざる得ない」 や、
「清武選手、乾選手、宇佐美選手これだけの日本人選手が、
 短期間で最高のパフォーマンスを見せてくれるとは思わなかった。」
などの高評価をもらっている。


同じ日本人として、とても嬉しい評価だ。






海外クラブや監督から見た日本人選手



世界各国のリーグ毎に特色があり、戦術的な部分が大きく違っていて、
必要な選手が異なってくる。


だが、共通して言えることは、
評価よりも、金額を重視している点が大きい、と言わざる得ないだろう。


その、背景には、近年上昇している日本人選手の評価を見て、
クラブ側は獲得する為に動き出すが、
移籍金を見ると日本から海外への移籍は驚くほど高くはない。


要は、手頃な価格で、
技術的な部分はそこそこの選手を獲得しようとしているのだ。


では、監督から見た日本人選手はどのように映っているのだろう。



マンチェスターUで活躍する香川選手に対してモイーズ監督は、
「チャンスは与えているが。」 と酷評している。


だが、日本人選手全員が酷評なわけではない。


一月にミラン加入が決まった本田選手の評価はとても高く、
アッレグリ監督は会見で、「テクニックを持った選手」 と高く評価していた。


その結果、新加入選手に異例の10番を与えるに至ったという訳だ。






日本人選手の海外から得る評価は一昔前より確実に高くなってきている。
だが、その分選手への負担が大きいのも事実だろう。


願わくば過剰評価や過小評価より、
適正な評価をもらう選手が増えることに期待したい。